【チリツモ大作戦7】粗大ゴミをお金を払って捨てるの?重くない物であれば、無料で捨てる方法ありますよ!


断捨離(整理整頓して不要な物を捨てる)したり、引っ越しの際、どうしても出て来てしまう粗大ゴミ。大きく重くない物であれば、無料で廃棄する事ができます。

 

ご訪問いただき、どうもありがとうございます。

少しでもお役に立ちたい、そんな思いでブログをやっている松千代(@dragonhorse22)です。

みなさんの優しいポチが励みになります。ポチッと押していただけると、とても嬉しいです。

   

さて、今回のテーマは、「粗大ゴミをお金を払って捨てるの?重くない物であれば、無料で捨てる方法ありますよ!」についてです。

断捨離する事は、家の中を綺麗な状態に保つ為にはとても大切なことです。

しかし、粗大ゴミを捨てる際、おそらくお金を支払って排出しているのではないでしょうか。

一般的には、自分が住んでいる地域の粗大ゴミ収集センターなどに連絡して、粗大ゴミを捨てる旨を連絡し、その粗大ゴミの大きさや重さによって決められている料金を支払わないといけません。

例:名古屋市の粗大ゴミの手数料

例えば、名古屋市で粗大ゴミを排出する際の値段を見てみましょう。(名古屋市の粗大ゴミの定義は、30cmの大きさを超える物)

排出するものによって、手数料がいくらになるのか確認してください。

引用:名古屋市ホームページ

例:大阪市の粗大ゴミの手数料

次に、大阪市で粗大ゴミを排出する際の値段を見てみましょう。

引用:大阪市ホームページ

自分が住んでいる自治体のホームページを確認していただければ、上に示した様な表でいくら支払う必要があるか確認できます。

引き取りを希望する場合は、粗大ゴミを適当に捨てる事は出来ませんので、手数料を確認して、支払いをしましょう。

手数料納付券シールについて

粗大ゴミを排出する際は、手数料納付券を購入しなければいけません。

手数料納付券は、市内のコンビニエンスストアやスーパーなとで購入する事ができます。

必要手数料を支払うと、その値段に応じた手数料納付券シールが貰えるので、そのシールを排出するものにぺたりと貼りつけます。

3点排出で2,400円が0円に!

先日、道を歩いていると、道端に粗大ゴミが置かれていました。

今まで使っていたものが不要になったり、あるいは、引越しする際に古くなっ物は処分しようとしたのでしょう。

その粗大ゴミを見て、とても驚いてしまいました。3点を排出するのに、各々に800円の手数料シールが貼られていました。

つまり、3点排出するのに800円×3=2,400円もの手数料を支払っていたのです。

大きさとしては、大きいですが、重さ的には軽いものでした。

この様な軽いものであれば、自分で処分場に持って行けば、無料で排出する事ができたのに、、、

しかし、もしかしたら車を所有していない方なのかもしれませんし、めちゃめちゃ多忙な方で処分場まで行く時間が無い方なのかもしれませんし、節約出来たのにと決めつけてはいけませんね。

ただ、今回の場合は、2,400円を無料にする方法があると言う事を知っていただきたいと思っています。

粗大ゴミを無料で排出する方法

粗大ごみを自分で処理施設に持ち込む場合は、手数料納付券を購入する必要ありませんが、排出する粗大ゴミの重量に応じて、現金で手数料を支払う必要があります。

例えば、10kgまでごとに200円と決められている処分場もあれば、10kgまでは無料という処分場もあります。

私の場合、家から一番近い処分場は、後者の様に軽ければ無料で排出する事ができるので、わざわざ手数料納付券を購入したことはありません。

処分場に持ち込む際

自分で持ち込む際は、先ず窓口に行って、排出手続きを行います。

その後、車に粗大ゴミを乗せた状態で車の重量を計測する重量計に乗り、

①車の重量+粗大ゴミの重量+人の重量

を計測します。

そして、粗大ゴミ回収場所に行き、粗大ゴミを車から下ろし、再度車の重量を計測する重量計に乗り、

②車の重量+人の重量

を計測することで、

①ー②=粗大ゴミの重量

を計測します。

この様に車の重量を2回計測して、粗大ゴミの重量を把握して、再度窓口に行って手数料を現金で支払います。

さいごに

家の中をスッキリさせる為に、断捨離をすることは皆さんありますよね。

すると、粗大ゴミが出てくるはずです。

その際に高いお金を支払って粗大ゴミを引き取りに来てもらうのか、それとも自分で処分場に持ち込んで無料で排出、あるいは安く排出するかどちらかを選びましょう。

粗大ゴミの数が数点あり、しかも軽いものばかりであれば、わざわざ高い手数料を支払わなくても良いのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

また、感想やご質問等ございましたら、お気軽にコメントください。

よければ、こちらの応援をお願いします。

   


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です