2019年12月1日、ながら運転の罰則が厳しくなります!車を運転される方は必見です!


ご訪問いただき、どうもありがとうございます。

少しでもお役に立ちたい、そんな思いでブログをやっている松千代(@dragonhorse22)です。

みなさんの優しいポチが励みになります。ポチッと押していただけると、とても嬉しいです。

   

さて、今回のテーマは、「ながら運転の罰則強化」についてです。

プニたん
ながら運転の事故は後を絶たないですよね。
松千代
そうだね、スマホしながらの運転は思考回路がスマホに集中しちゃうから危ないけど、カーナビも注視して危険だと思っちゃうんだけどなぁ。でも、その事がわかっていても、カーナビが標準装備されていることもあるし、、、大人の事情があるからね。
プニたん
そうですね、旅行に行く時や、知らない土地に行く時は、カーナビを見ながら運転するもんね。
松千代
まっ、その他も車を運転中に危険なことはたくさんあると思うけど、今回のお話は、ながら運転の罰則が強化される事を、多くの方に知ってもらいたいし、交通事故が少しでも減る事を望んで、記事を書くね。
プニたん
はい、松千代さん。お願いします。交通事故を減らす運動頑張ってください、応援してます。

ながら運転

携帯電話を手に持って通話をしながら運転したり、カーナビやスマートフォンなどの画面を注視したりしながら、車を運転することを「ながら運転」といいます。

ここで覚えておいて欲しい点は、カーナビの画面を注視することも含まれている点です。

今のご時世、カーナビが車に装備されていることは一般的であり、カーナビを使用しながら運転することは当たり前です。

ながら運転の定義としては、カーナビやスマートフォンなどの画面を注視することなので、一瞬見るチラ見はOKとされています。

カーナビを使いながら運転される方は、チラ見する事を心掛けると良いですね。

 

それでは、ながら運転の交通事故件数について見てみましょう。

引用:警視庁ホームページ

携帯電話の通話中は、頭の中の思考回路が運転とは別になり危険になるものの、目は進行方向に向いているので、画面を見ての交通事故よりも、交通事故件数が圧倒的に少ないことがわかりますね。

でも、私はもっと携帯電話をしながらの交通事故が多いと思っていたのですが、カーナビを注視することが原因の交通事故が圧倒的に多い事に驚きました。皆様はいかがでしょうか?

カーナビがとても危険だとわかっていながらも、標準装備をしてしまう、、、便利であって、メーカーの利益を上げるには、当たり前の事だとは思いますが、、なんだかなぁ〜と思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

ながら運転厳罰化

ながら運転で大切な家族を失ってしまったご遺族からも、以前より罰則を厳しくして欲しいという要望があり、ようやくその思いが形になりそうです。

今回の、ながら運転の厳罰化を機に、運転のマナーの向上や、交通事故の減少が期待されるものの、それでも大切な家族を失った悲しみは消えることはありませんが、他の人に同じような悲しい思いを少なくすることができる可能性があります!

では、どの程度罰則が厳しくなるのか確認しましょう。

引用:JAF

違反点数と反則金が約3倍に引き上げられます。確かに、今までの罰則金は数千円程度ですので、軽すぎて痛くもないとお思いの人がいたことは否めないでしょう。

ながら運転の厳罰化が2019年12月1日に実施された後に、少しでも多くの方の意識が変わる事を切に望みます。

運転者の遵守事項

道路交通法によると、運転者の守るべき内容は、以下のように定義されています。

道路交通法71条5号の5

自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

やはり、いつも思うのですが法律って、私達のような一般市民には読みにくいですね。

要約すると

  • 携帯電話や、スマートフォン、カーナビなどの画面を注視しないこと
  • 停車中の携帯電話やスマートフォンの利用は認められている

ということでしょうか。

さいごに

最近では、「あおり運転」も話題になっています。この危険な行為については、8月に開かれた交通安全対策特別委員会で方針が示されたていますので、今後、罰則が強化されていきそうですね。

いずれにしても、罰則が厳しくなるから、危険な行為は少しは減るかもしれませんが、ゼロになることはありません。

なぜなら、車は人が運転するからであり、そこには運転する人の思いがあるからだと思います。

車が完全に自動運転化しない限りは、最終的には、相手を思いやる心、他人に優しくする心、譲り合いの精神を身に付けることが交通事故をゼロにする唯一の方法だと思います。

少しでも、交通事故が少なくなる事を切に望みます。

また、交通ルールについて別の記事も書いてありますので、車を運転される方は、是非ともご覧ください。

車の運転に注意!信号機のない横断歩道での交通ルール知っていますか?

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

また、感想やご質問等ございましたら、お気軽にコメントください。

よければ、こちらの応援をお願いします。

   


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です