漏水事故で保険申請後の現場検証!


ご訪問いただき、どうもありがとうございます。

少しでもお役に立ちたい、そんな思いでブログをやっている松千代(@dragonhorse22)です。

みなさんの優しいポチが励みになります。ポチッと押していただけると、とても嬉しいです。

   

 

さて、今回のテーマは「アパートで雨漏りが発生したその後の対応」についてです。

これまでの雨漏りの対応

これまで、私が経営するアパートの雨漏りに関して、

不動産(アパート)で雨漏りが発生!調査、見積り、保険が必要!

集中豪雨による雨漏りが別室でも発生!追加で保険申請をしよう!

を記事にしました。

雨漏りが発生してから、ざっと私が行ったことはと言うと、

  1. 修復の見積りを管理会社にしていただく
  2. 管理会社から保険会社に連絡していただく
  3. 保険会社から保険金申請書類が届くので、必要事項を記入、捺印して書類を管理会社に送付する
  4. 管理会社から、申請書類と、修復の見積書と、現場の写真を保険会社に送付していただく

と、現場はこの状態です。

保険会社とのやりとりを管理会社に行っていただいているので、この仕組みは時間がなかなか取れないサラリーマンの私としては、とても助かります。

ま、管理会社へは管理費を毎月支払いしているので、当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、とてもありがたいです!

保険の契約は私個人ですが、どうやら申請は契約者本人でなくても出来そうですね。この点は保険代理店にも電話で直接お話しして確認していますので、大丈夫です。

申請は契約者本人でなくても良いですが、申請書類は本人が必ず記載、捺印することが必要ですので、注意しましょう。

また、私の場合はアパートが遠方にあるため、なかなか現場の確認を直接する事が出来ません。その為、現場の被害状況を詳しく知っている管理会社に保険会社の対応をしてもらう方が、円滑に進んでいくのは言うまでもないので、管理会社が申請できる点は有効に活用しましょう!

保険金申請書類提出したその後

雨漏りの被害の修復する見積書と、被害状況の写真と、保険金申請書類を保険会社に提出した段階ですが、これで保険金が下りるわけではありません。

これから、保険会社へ提出した見積書をもとに、現地にて保険調査員と現場検証を行うというステップがあります。

この現場検証を経て認可されれば保険金が下りるという流れです。

また、注意する点として、見積書の金額がそのまま全額下りないこともあるとの事です。

プニたん
え〜っ!?そうなの松千代さん!見積書の全額が下りないこともあるんだね。
松千代
そうらしいんだよ。私の場合は、これから現場検証されるので、どうなるのか心配で心配で。。
Aさん
結果が出るまで、ドキドキもんだね。認められると良いね。
松千代
もうしばらくは、ドキドキしながら日々過ごすしかないかな。

対応期間について

雨漏り(漏水事故)が発生してから、これまで結構な時間が掛かっています。

なかなかスムーズに行きませんね。

漏水事故が発生してから、現在まで約1.5ケ月掛かっています。

  • 漏水事故発生後、約1週間で保険申請
  • 保険申請後、約1ケ月強で保険調査員の現場検証

というように、まだまだ時間が掛かりそうです。

現在は9月初で、これからも台風が来る時期ですので、集中豪雨で漏水事故が再発しないか心配が絶えません。

しばらく辛抱が続きますが、注意して進捗状況を確認するしかなさそうです。

さいごに

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

雨漏り(漏水事故)に関して、まだ決着が付いていませんので、進捗状況を記事にしていきたいと思います。

アパート経営の漏水事故というリスクが、どの様な形で落ち着くのか、心配しながらも冷静に判断していきたいと思います。

また、感想やご質問等ございましたら、お気軽にコメントください。

よければ、こちらの応援をお願いします。

   


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です