1枚のnanacoカードで1回の支払いをmax10万円にする方法!


ご訪問いただき、どうもありがとうございます。

少しでもお役に立ちたい、そんな思いでブログをやっている松千代(@dragonhorse22)です。

みなさんの優しいポチが励みになります。ポチッと押していただけると、とても嬉しいです。

   

 

さて、今回はnanacoカードのちょっとした裏技です。

nanacoカード1枚で最高支払額を10万円にする方法があります!

あなたは、nanacoカード1枚での最高額は5万円だと思っていませんか?

プニたん
えっ?松千代さん、私知らなかった。。今まで5万円が1回の支払いの上限だと思っていましたよ。
松千代
でしょ、プニたん!1回の支払いは、5万円が上限だと思っている人がほとんどだと思うよ。
プニたん
今度、5万円以上の支払いをする予定だから、松千代さん教えてよ〜。
松千代
よっしゃ、教えるね。ちょうど良いタイミングで良かったね。少しでもお得に支払いができるとイイよね。


節約・貯蓄ランキング

nanacoカードとは

簡単に言ってしまえば、プリペイドカードみたいなもので、支払いをする前にカードにお金をチャージするものです。

nanacoカードの良い点は、クレジットカードを紐付けをすることで、チャージした金額はクレジットカードで支払いをしたことになるので、いつも買い物をしている様に、クレジットカードのポイントが付くことです。

さらに、nanacoポイントも付きますので、クレジットカードのポイントと、nanacoポイントをダブルで貰うことができます(公共料金の支払いなど、一部nanacoポイントが付かない場合もあります)。

 

公共料金をnanacoカードで支払う

ここで、私がお勧めしたいのは、公共料金の支払いをnanacoカードで支払うことです。

nanacoカードを使わなくても、コンビニやネットなどでクレジットカードを使って、公共料金を支払うことはできますが、手数料がかかってしまいます。

せっかく、クレジットカードで支払ってポイントをもらうのに、手数料を支払っていては、勿体無いですね。

ポイントでプラスになっても、手数料分がマイナスになってしまうので、、

しかし、nanacoカードで公共料金を支払うときは、手数料がいりません

なので、お得度アップすること間違いなしです!

nanacoカードを入手して、活用しましょう!

1枚のnanacoカード1回での支払い上限額

私はnanacoカードを使い始めた当初は、1枚のnanacoカードでの1回での支払い上限額は5万円だと思っていましたが、それは間違いでした。

多くの方は、5万円が上限額だと思っていませんか?

例えば、nanacoのホームページを見ると下の様に記載がありました。

なんだか分かりにくいですが、5万円が上限だと認識してしまうと感じます。

この様な記載方法だと、私の様に1度の支払いで5万円が上限だと思い込んでしまう人が多いと思います。

実際に5万円以上を支払ってみた

それでは、1枚のnanacoカードで5万円以上(最高10万円まで)の支払いを1度で行う方法をお話しします。

例として、

  • 公共料金67,300円の支払い”未”
  • カード内残高400円
  • センターお預かり分残高49,000円(マネー残高は最高5万円までなので、できる最高額をクレジットカードから入金)
  • nanacoカード合計49,400円

とした場合

ここで先ずは、センターお預かり分の49,000円をレジやセブン銀行ATMで、カード内残高に移動させます。

次に、再度クレジットカードからnanacoカードに入金を行います。ここでは、67,300円(公共料金)−49,400円(カード内残高)=17,900円(不足分)なので、18,000円を入金した場合です。

これで、

  • 公共料金67,300円の支払い”未”
  • カード内残高49,400円
  • センターお預かり分残高18,000円
  • nanacoカード合計67,400円

になり、支払いの準備ができた状態になりました。

注意

ここで、nanacoカードの支払いはカード内残高にある額分しか支払うことができません

もし、支払う際に残高が不足する場合は、nanacoのホームページを確認すると、下の様に記載されており、

残高が不足する場合、不足分は現金で支払うことができるとされています。

これだけ見ると、いかにも不足分は現金でしか支払いができないと思い込んでしまいます。

私も当初は不足分は、現金で支払わなければいけないと思っていました、、、

では、どうやって不足分もnanacoカードで支払うのでしょう?

不足分もnanacoカードで支払う方法

例えの現状は、

  • 公共料金67,300円の支払い”未”
  • カード内残高49,400円
  • センターお預かり分残高18,000円
  • nanacoカード合計67,400円

となっており

この状態でセブンイレブンのレジに行き、公共料金67,300円の支払いを行います。

nanacoカードの残高は49,400円なので、残高が足りません。

しかし、レジの店員さんに不足分はセンターお預かり分残高を使用して下さいと伝えると、その場で店員さんがセンターお預かり分残高をカード内残高に移動させてくれます。

カード内残高に移動させてしまえば、支払うことができるので、センターお預かり残高に準備しておいた金額も追加で支払うことができました。

少し手間がかかりますので、店員さんのスキルがあれば、簡単に対応してくれますが、もし新人さんだと時間がかかってしまうかもしれませんね。

それでは、公共料金を支払った後の残高を確認すると

  • 公共料金67,300円の支払い”済み”
  • カード内残高100円
  • センターお預かり分残高0円
  • nanacoカード合計100円

となりました。

これで、無事に5万円以上の支払いをすることができました!

さいごに

5万〜10万円までの支払いでも、現金を使わずに1枚のnanacoカードだけで支払うことができるので、この方法は知っておいて損はありません。

一度やり方を知ってしまえば、簡単にできるので是非とも活用ください。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です