レシートで楽天ポイント、Tポイントを貰うワンポイントとは!?


ご訪問いただき、どうもありがとうございます。

少しでもお役に立ちたい、そんな思いでブログをやっている松千代(@dragonhorse22)です。

みなさんの優しいポチが励みになります。ポチッと押していただけると、とても嬉しいです。

   

 

さて、今回のテーマは「レシートでTポイントをもらう方法」についてです。

プニたん
レシートでポイントをもらう?どういうことなの、松千代さん?
松千代
レシートの写真を送付すると楽天ポイントや、Tポイントを貰うことができちゃうんだよ、プニたん
プニたん
なんでなの?どういう仕組み?
松千代
おそらく、レシートを収集して、そのデータを解析しているんじゃないのかな。何が売れやすい商品なのか、どこで売れやすい商品なのか、売れる時間帯はいつなのか、など企業が自ら情報を収集しなくても、客の方から勝手に情報を送信してくれるので、販促につなげることができるんだと思うよ。お互いwin-winの関係になるんじゃないかな。

 


節約・貯蓄ランキング

楽天パシャ(Rakuten Pasha)

楽天パシャは、楽天ポイントを貯めることができるレシート画像送信アプリです。

レシート1枚につき、楽天ポイントを1ポイント貯めることができ、1日最大5枚まで送信することができますので、隙間時間にレシートをパシャっと撮影して、送信しちゃいましょう。

 

今回はPointScreenから、楽天パシャを利用する方法を説明しますね。

楽天経済圏の方であれば、PointScreenのアプリは既にダウンロードしていると思いますが、まだアプリをダウンロードしていない方は、先ずはPointScreenのアプリをダウンロードしましょう。

Point Scrennは毎日、楽天ポイントを数ポイントはゲットできるので、必須ですよ!

 

それでは、PointScreenのアプリをダウンロードした後は、自分の楽天アカウントと紐づけをして、赤枠で囲った楽天パシャをタップしてください。

すると、この様な画面になりますので、下の方に画面をスクロールしてください。

「レシートの写真を準備する」をタップしてください。

このアプリの良いところは、レシートを送信する方法として、「写真を撮る」or「フォトライブラリ」を選択することができるとこだと私は思います。

ワンポイント

i-phoneのカメラは画像サイズの調整をすることができないので、そのまま撮影した写真を送信すると容量が大きくなってしまいます。

レシート送信を継続していく予定があるなら、なるべく軽い状態を維持したいと思いますので、レシートを送信する際は、事前に撮影して、サイズを小さくしておきます。

そして、フォトライブラリから事前に用意した容量サイズが小さい写真を送信することにしています。

少し手間はかかるものの、この方が良いと思いませんか?

この様な容量について心配をされる方は、事前に用意することをお勧めします。

写真の容量を小さくするアプリはいろいろありますので、自分が使いやすいと思ったアプリをダウンロードすると良いと思いますよ

 

それでは、楽天パシャについて引き続き説明しますね。

写真を選定すると、レシート画面が表示されますので、「この写真を送信する」をタップしてください。

これで、レシートの送信は終了になりますので、「レシートを送信しました!」と表示されます。

 

レシーカ

レシーカは、Tポイントを貯めることができるレシート画像送信アプリです。

レシート1枚につき、Tポイントを1ポイント貯めることができ、1日最大3枚まで送信することができます。

レシーカは今では誰でもアプリをインストールすれば、使用することができますが、以前は抽選制で誰もができるわけではありませんでしたので、Tポイントを貯めている方にはお勧めです。

私自身も抽選の時は、当選することができず使えずにいたのですが、誰でもできるようになったら、すぐにアプリをインストールしましたよ。

 

それでは、レシーカについても説明していきますね。

アプリを起動してください。「レシート撮影」をタップします。

レシートを撮影してください。

プニたん
あれっ?松千代さん。これ、丸亀製麺のレシートだね。もしかして、ソフトバンクのSUPER FRIDAYで、うどん一杯無料だったんじゃないの?
松千代
げっ!?バレちゃったか。i-phoneはソフトバンクを使っているので、5月は毎週金曜日に丸亀製麺で、うどん食べてきましたよ。
プニたん
やっぱりね。大混雑じゃなかったですか?
松千代
そうだね。丸亀製麺のSUPER FRIDAYは、激込みだったよ。席は空いているんだけど、レジが1カ所しかないので、レジ渋滞だね。吉野家のSUPER FRIDAYは、レジが沢山設定されているので、回転率は良かったなぁ~。

っと、

話がそれてしまいましたので、レシーカに戻します。

 

ワンポイント

写真撮影の際のワンポイントがあります。右下に「通常」「長尺」を選択することができます。

経験上、通常を選択してレシートを撮影すると、「レシートの解析に失敗しました。」というエラーが出る確率が高いです。

なので、エラーが頻発する方は、通常を選択するよりも長尺を選択してレシートを撮影することをお勧めします。

長尺で撮影した方が、読み込みが成功しやすい傾向にあると感じます。

エラーが良くでる場合は、撮影方法を変えてみると良いでしょう。

参考)長尺とは、長いレシートを複数回撮影して1枚のレシートとして認識させる際のモードです。ですが、1枚で撮影できる時でも、長尺を選択して撮影することは可能です。

読み取り終了をタップすると、詳細画面に移行します。

もし、購入した商品等の詳細(値段や名前)が異なっていれば、個々に修正することができますので、安心してください。

ここでは、例として野菜かき揚げを選択してみましょう。野菜かき揚げをタップすると。

野菜かき揚げ単品の詳細画面になります。ここで、変更したい場所をタップして修正してください。

 

最後に保存ボタンをタップすれば、終了です。

この様に、本日の累計獲得ポイントとして1ポイントをゲットすることができました。

さいごに

その他にもレシートをポイントにするアプリやサービスは沢山ありますが、どれもこれもやると大変ですので、メジャーどころの楽天ポイントTポイントをポンポイントにゲットしてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です