サラリーマン大家になった理由と、物件探しの注意点!


 

プニたん
サラリーマン大家?って何ですか?
松千代
サラリーマンの人が、アパート、マンション、家、部屋を購入して、家賃収入を得ることだよ。
プニたん
松千代さんは、大家さんだったの?
松千代
そうだよ、プニたん。アパート経営をやっているので、サラリーマンならではの視点、困ったことなどを記事に出来たら良いなと思って、不動産について書いていこうと思っているよ。


不労所得ランキング

 

サラリーマン大家になった理由

多くの方はサラリーマンをやっていて、大切で貴重な自分の人生の時間を切り売りして給与を得ています。

そのことに、疑問すら思わず毎日を過ごしている方も多いことでしょう。

以前の私もそうでしたが、考え方が一変したのは、「ESBIクワドラント」の考え方を知ったからです。

ご存知ない方のために、過去に書いた記事で「ESBIクワドラント」を紹介していますので、こちらの記事を読んでみてください。

 

ESBIクワドラントで大切なことは、自分の時間を切り売りするのではなく、お金がお金を生み出す仕組みをつくることが大切だと述べています。

サラリーマンでも、お金がお金を増やす仕組みや、不労所得を得ることが可能です。

会社からいただいた給料をもとに、そのお金がお金を増やすために働いてもらうにはどうしたら良いかを調べて、行きついた一つの手段が、不動産でした。

いわゆる、サラリーマン大家さんですね。

アパート経営は不労所得と考えていましたが、不動産を購入すれば、あとは何もやらなくて良いわけではありません。

不労とは、すこし違います。

あくまでも経営ですので、問題やトラブルがあれば、どう対応すべきかを考えることも必要ですし、管理業者の担当者とコミュニケーションをとって、解決する手段を指示を出す必要があります。

不動産経営をする前にやるべきこと

不動産に興味を持ったら、次はいろいろと情報収集をすると思います。

本や雑誌で不動産に関する知識を増やすことも良いと思いますが、それよりも良い方法は、一人で動かずに不動産を経営している先輩大家に話を聞いたり、信頼できる不動産コミュニティに入り、人脈をつくり、いろいろな情報を得ることをお勧めします。

やはり、今の時代を反映した生の情報を得ることが大切になります。

不動産を取得するために必要な知識や、不動産経営をするビジョンを立てやすくなると思います。

つまり、自分ひとりで知識を増やして、管理会社や銀行を回るのは良い方法ではないということです。

不動産経営をしている方はたくさんいますので、あなたに合った方、コミュニティで知り合った先輩大家の方に直接お話しを聞くことが重要になります。

不安なこと

やはり、不動産を購入する前はいろいろと不安があると思います。

「もし空室が増えて、家賃収入がなくなったら?」

サラリーマン大家になりたいと思う方も、この点がやはり一番の心配点になると思います。

しかし、人が住んでいる限り、必ずいつかは退去します。そのことを十分と理解しておく必要があります。

空室が出たとしても、別の方が入居してくれれば良いのです。

入居しやすい条件とは、何でしょうか?

「空港や駅に近くて移動に便利」「大型ショッピングセンターが近くにあり便利」など立地条件がとても重要になります。

つまり、田舎の駅から遠いような場所のアパートを、サラリーマン大家になりたいがために購入することはお勧めしません。

一般のサラリーマンが大家になるためには、土地を持っているわけではありませんので、立地条件は大切な要素になります。

物件探しの注意点

立地条件が良い物件を探すことが重要ですが、もし自分一人で初めて物件を探す場合は、ほぼ100%立地条件が良い物件の情報は残念ながら得ることはできません。

そのような収益が見込める立地条件の良い物件は、初心者に情報が入る前にベテランの不動産オーナーや、その仲間たちに情報が入ってしまいます。残念ながら仕方がないことです。

ですが、可能性はゼロではありません。方法はあります。

あなたが本気でアパート経営をしたいと思うのであれば、そのベテランの不動産オーナーや、その方たちのコミュニティに入れば良いのです。

つまり、自分一人で不動産を購入するために動かない方が良い理由の最大の理由は、「良い情報の入りにくさ」と言っても過言ではありません。

良い情報を得るためにも、「良い情報が入りやすい方の傍にいること、自分もその仲間に入ること」で、比較的早い段階で良い物件の情報を入手することができるのです。

さいごに

今回の記事では、不動産に興味がある、不動産経営をしたいという初心者の方が、先ずはとる方が良いことを中心に書きました。

不動産に対する知識を増やすためにも、一人で行動しない方が良いと思います。

もし、不動産のコミュニティなど自分で探すことができないようでしたら、お気軽にご連絡ください。

私が良いと思う業者やコミュニティを紹介することはできます。

 

最後まで読んでいただきどうもありがとうございました。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です