知識ゼロでもわかる確定拠出年金iDeCo(スタート編)

iDeCo

国や市に納める税を減らす方法「iDeCo:個人型確定拠出年金」について、内容を知りたい方、初心者の方向けに、なるべく分かりやすく書くことを意識しましたので、読んでいただけると嬉しいです。

 

iDeCoとは、

簡単に言えば「税金を減らして老後のためにお金を貯める

方法です。

もう少し詳しく言うと、

投資信託※や定期預金、保険などに毎月、毎年一定額の金額を将来(60歳以降)のために積立を行い、老後の生活費などを確保するための金融商品

です。

将来のことを考えて、コツコツとお金を貯めていきたい方は、有効な手段の一つになります。

 

※そもそも投資信託ってなに?という方もいると思います。

投資信託とは、

簡単に言えば、「お金を預け、お金を運用するプロが、自分の代わりに増やしてくれる

ことです。(もちろんリスクもありますので、デメリットの項目を参考にしてください)。

もう少し詳しく言うと、

一般の投資家から資金を集めて、専門家が債券や株式などの複数の商品で運用して、利子・配当金・値上がりなどで得た収益を投資家に還元する金融商品

です。

 

3つのメリット

iDeCoには3つのメリット(積立時・運用時・受取時)があると言われています。

積立する際には節税ができ、運用時、受取時に得られるお金に対して税が掛かりません

先ずは、この3ポイントがメリットだということを覚えておけば、iDeCo初心者さんは合格です。

 

「興味があるな~」

「納税額を減らすことができるなら、もう少し内容をしりたいな~」

という方は、3つのメリットを活用するためには、

金融機関・商品・いくらから運用するか」など自分で選択しないといけないがありますし、「iDeCoへの加入・何歳から受け取るか」などクリアしないといけない条件がありますので、もう少し読み進めてみてください。

iDeCoの商品とは?

iDeCoの商品としては、投資信託、定期預金、保険があり、これらのどの商品を選ぶかは自由です。

元本変動型」の投資信託の商品を選べば、積立時の節税をしながら、積み立てた金額以上の価格上昇を将来得られる可能性もあります。

しかし、投資信託では値動きがある商品ですので、元本割れするのは恐いとか不安に感じる方は、定期預金を選ぶこともできますので、元本保証を重視したい方には良いのではないでしょうか。

一方、「元本確保型」の定期預金や保険は投資信託と違って将来の価格上昇はなく、利率が低いですが、積立時の節税をすることができますので、メリットがあります。

加入条件?

自分はiDeCoに加入できる?

厚生年金や国民年金に加入している20歳以上~60歳未満の方であれば、ほとんどの人がiDeCoに加入することができますが、加入できない人もいます

加入しようと検討している方は、先ずは自分が加入できるかどうかを確認しましょう。

 

◆加入できない人とは?

①60歳以上の人

iDeCoに加入できる年齢が20歳以上~60歳未満と決められています。

②国民年金保険料を支払っていない人

国民年金の未納の方のみではなく、一部免除や全額免除をしていたり、学生納付特例制度を利用して納付を猶予している場合は、iDeCoに加入することができません。

③海外に居住している人

日本国内に居住している人に限り、iDeCoに加入することができると決められています。

iDeCoに加入した後、海外転勤になって日本に住むことが長い間できない場合、iDeCoの加入継続ができな場合がありますので、事前に金融機関に問い合わせてください。

④務めている会社に企業年金があり、iDeCoへの加入が認められていない人

企業型の年金に入っていても、iDeCoへ加入することはできますが、勤務先の会社の年金の規約によっては認められていない場合があるようです。

企業年金に加入していて、さらにiDeCoを検討している方は、勤務先の担当部署に問い合わせをして、iDeCoに加入できるか確認しましょう。

⑤農業者年金に加入している人

農業者年金とは、「年間60日以上農業に携わる60歳未満の人が加入できる確定拠出年金」のことです。

 

自分は60歳から受け取ることができる?

原則60歳で受け取ることができますが、加入期間が短いと「60歳で受け取りができない」ので、特に50代の方がiDeCoの加入を検討している場合は、注意が必要です。

iDeCoは、コツコツと老後のために貯蓄する年金ですが、全ての人が加入でき、加入した全ての人が60歳から受け取れるわけではありません。

先ずは、自分がiDeCoに加入できるかどうか、何歳から受け取ることができるかを確認しましょう。

金融機関はいくつ選べる?

iDeCoを利用できる金融機関1社のみとなりますので、自分で金融機関を選ばなければいけません。

※金融機関の内容は次回以降で記事にする予定です。しばらくお待ちください。

毎月いくらから運用できる?

最低5,000円/月(それ以上は、1,000円単位)から運用することができます。

掛金の上限は決まっており、人によって異なります。

 

定期預金(通常の定期とiDeCoの定期)の違い

銀行に定期預金していれば、利息分がもらえますが、その利息には税金がかかり、もらえる額が少なくなってしまいます。

どのくらい利息に税金がかかるかは、

税金=利息×20.315%(内訳:国税15.315%(0.315%は復興税)+地方税5%)

で簡単に計算できます。

しかし、iDeCoの定期預金を活用することで、積立時の全額が所得控除の対象にるので、20.315%の税率がかかることもありません。

これだけ考えると、iDeCoで定期預金をする方が、単純に考えて良いと感じますが、、、

ちょっと待って!

iDeCoでの定期預金は、手数料がかかることを覚えておいてください。

定期預金は、元本確保型なのですが、手数料が必要で、さらに現在の超低金利では、金利で増えた利益よりも、手数料の方が高くなる場合があり得ます。

デメリット

投資対象が値動きがあり、価格の変動などにより、元本損失が生じる場合がある。

原則60歳まで引き出すことができない

手数料や諸経費などが必要となる場合がある。

手数料は毎月かかってくるので、ばかにならないと思います。積立時の手数料は最低167円です。

積立時の手数料は金融機関によって異なるので、167円以上になる場合もあります。

手数料をいつ、どこに、いくら支払う必要があるかをまとめました。

受け取り時に税金が発生する場合がある

受け取り方法は、一時金で受け取る一括での方法(退職所得控除)、あるいは年金方式で受け取る分割での方法(公的年金控除)があります。

 

最後に

iDeCoとはどういう商品なのか、そしてメリット・デメリットを知ることで、老後の生活費を上手く貯蓄できる可能性がでてきますね。

あくまでも老後のための貯蓄というポイントを覚えておくことです。

今現在の生活がカツカツで毎月5,000円の支払いが厳しいようでしたら、iDeCoの加入の検討をする前に、現在の貯蓄を見直したり、無駄な出費がないか、削ることができる出費がないかをを見直すことを優先しましょう。

焦ってiDeCoに加入してしまって、毎月の生活が苦しくなっても、途中で解約することはできません

何年も先のことはどうなるか分からないので、不安になり、早く準備をしたい気持ちもわかりますが、今の生活が本当に苦しくなってしまっては、iDeCoを活用する本来の意図からは外れてしまうと思います。

 

やはり、今の生活もやりたいことをやって、行きたいところに行って、楽しく生活しながら、将来の準備をすることが重要ではないでしょうか。

 

iDeCo(スタート編)はここで終了にします。

引き続き、次回以降で、

「iDeCoを活用した場合、どの程度の額のメリットがでるか」

「金融機関による手数料・商品の違い」

を記事にする予定です。

 

最後まで読んでいただきどうもありがとうございました。

Follow me!

知識ゼロでもわかる確定拠出年金iDeCo(スタート編)” に対して1件のコメントがあります。

  1. 3月 より:

    こんにちは(^o^)/
    「iDeCo」いですね!
    興味あるけど年金免除してもらているのでダメだった、、
    アフィフィエイトで稼げるようになったら「iDeCo」加入します!
    また一つ目標ができました(^o^)
    因みに確定申告忘れずに終えることができました、ありがとうございます!

    1. 松千代 より:

      3月さん、こんにちは。
      いつもコメントありがとうございます。
      iDeCoやるにも、全ての人ができるわけではありませんし、
      いろいろと制限もありますね。
      節税できながら、老後のためにコツコツと貯蓄できる仕組みは良いですよね。

      また、確定申告お疲れさまでした。
      この時期の大変な作業の一つですので、無事に終えられたようでなによりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です