プリンでもキャッシュレス化へ & 楽天経済圏(ハッピープログラム活用)!

プリン

最近キャッシュレス化が進んでいると実感します。

今回は、キャッシュレス化の一つ「プリン」の紹介です。

シンプルで、とても愛着を感じるロゴですね♪

 

2019年2月20日(水)時点で、プリンとの接続銀行は、以下となっています。

” 今回の接続により、プリンではみずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、近畿大阪銀行、東邦銀行、北九州銀行の計13行からの入出金が無料でご利用いただけるようになりました。

今後も「お金コミュニケーション」のさらなる普及に向け、接続銀行数を増やしてまいります。

引用:https://www.pring.jp/news_info/37

 

私は、2019年は楽天経済圏で資産形成のベースを作ろうと思っています。

2019年2月18日からプリンが楽天銀行と接続を開始したという情報を得たので、さっそく調べて、登録しました。

キャンペーン

今なら、なんとプリンの会員登録をすると500円プレゼントという大盤振る舞いをしています。

この機会に会員登録しちゃいましょう♪

期間は、2019年2月18(月)0:00~2019年3月3日(日)23:52

となっています。

過去にもキャンペーンをやっていましたが、今後いつやるかは分かりません。

この機会に登録してみてはいかがでしょう。

 

参考までに

以前は、お年玉キャンペーンとして、

2018年12月26(水)0:00~2019年1月10日(木)23:52

の期間に会員登録すると、1,000円が貰えたらしいです。

しまった。。

この時はまだプリンの存在を知りませんでした。。。

情報を自ら取りに行かなければいけないと痛感します。

 

お年玉をもらいそこなった人にも次に朗報が届いたのは、

2019年1月29(火)0:00~2019年2月7日(木)23:52

の期間です。

このキャンペーンは、プリンが住信SBIネット銀行と接続できるようになった記念キャンペーンでした。

このキャンペーンでは500円が貰えましたね。

 

という様に、

ここ最近では1ケ月に1~2回程度でキャンペーンをやっていそうです。

これからも接続銀行を増やしていくとのことですし、キャッシュレス社会化は進んでいきますので、まだまだキャンペーンはやってくれると思います。

しかし、スマホ決済やキャッシュレス社会が普通の世の中になるまでの期間が勝負ですので、数か月後、1年後にはキャンペーンは少なくなっていくし、やらないのではないかと思います。

楽天経済圏(ハッピープログラム)

楽天銀行には「ハッピープログラム」という制度があります。

ハッピープログラムとは、会員のステージにより「ATM利用手数料、他銀行振込手数料、楽天スーパーポイント獲得倍率」が異なる制度になります。

つまり、楽天銀行を利用する頻度が高ければ、高いほど手数料を無料にできる回数が増えたり、ポイント獲得倍率が高くなります。

2019年楽天経済圏で資産形成のベースを作ろうとしている私は、一週間前はまだベーシックでした。

そして、2019年2月20日現在は、取引にが6件でアドバンスの状態です。

まだまだ、ステージは低いですが、スーパーVIPになる道筋は見えちゃっています!

ステージアップ条件を見ると、銀行口座に残高があれば良いことがわかりますね。

しかし、最上ステージのスーパーVIPになるには、残高が300万円があればなれますが、、、

残念ながらそうそう、簡単に300万円はありません。

 

そこで、今一度ステージを上げる条件を確認してみましょう。

ステージを上げる条件として「または、取引30件以上」となっています。

ここで、重要なのは「または」です!

つまり、残高がなくても取引量があれば、スーパーVIPのステージになることができるのです!

そうです、取引量を活用すれば良いのですね。

 

楽天銀行とプリンの間で資金の入金、出金のやり取りをすることで、取引量としてカウントされます。

入金、出金の際に手数料がかかるようだと、意味がなくなってしまいますが、楽天銀行⇔プリンでは手数料がかからないようです。

ただし、プリンの入金の最低額が500円になっていますので、覚えておいてください。

 

では、楽天口座からプリンへの入金、出金で楽天銀行のハッピープログラムの取引に反映されるか試してみました。

プリンへの楽天銀行の口座が登録されていることを前提として、お話します。

 

赤枠で囲った「チャージする」をタップします。

登録した銀行が表示されますので、楽天銀行を選択し、赤枠で囲った「チャージする」をタップしてください。

そうすると、プリンの残高に反映されます。

ここでは、だれかにお金を払うわけではなく、お店で使うわけでもなく、ハッピープログラムのステージアップのための取引ですので、

赤枠で囲った「口座にもどす」をタップし、楽天銀行に資金を戻します。

口座い戻す銀行が表示されますので、赤枠で囲った「口座に戻す」をタップします。

次に、出金中の表示がされます。

出金手続きの時間帯により、楽天銀行口座に戻される日が当日になるか、明日になるか異なります。

12時までに出金申請を行えば、当日の内に楽天銀行に資金が戻りますが、12時以降の出金申請になると、翌日になります。

 

そして、楽天銀行のハッピープログラムを確認すると、

やったー!

取引を実施する前の取引は6回でしたが、今回の取引が反映されて7回になりました!

   

プリンと楽天銀行の取引で、ハッピープログラムに反映されることが判明しましたね。

2019年2月23日時点で、楽天との取引が中止されております。。。

取引の増大で、手数料無料ではやっていけなくなったものと思われます。

今後の動向をチェックしていきましょう。

まとめ

2019年3月3日までにプリンを登録すると、500円貰えるというタイミングを活用したいですね。

そして、楽天銀行との接続が開始されましたので、ハッピープログラムのスーパーVIPを目指している方にとっては、プリンは活用できる一つの手段になると思います。

残高300万円がなくても、スーパーVIPになりませんか!?

プリン以外でも、楽にスーパーVIPになる道はありますので、また記事にしたいと思います。

 

最後まで読んでいただきどうもありがとうございました。

 

 

 

Follow me!

プリンでもキャッシュレス化へ & 楽天経済圏(ハッピープログラム活用)!” に対して1件のコメントがあります。

  1. misuzu より:

    こんにちは。
    プリン初めて知りました。ロゴマーク可愛いですね。
    詳しい説明ありがとうございます。
    とっても分かりやすかったです。

    1. 松千代 より:

      misuzuさん、こんにちは。
      そうですね、プリンのマークはとてもカワイイと思います。
      シンプルで、愛着がありますね。
      最近のスマホ決済、キャッシュレス化の波はすごいですね。
      いろいろ出てきますので、自分に合った手段を
      上手く活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です