札幌から温泉へ!定山渓温泉・豊平峡温泉!しかも、お得に!

札幌から温泉に行こう!

 

日本はいいですね~。

いろいろな所に、温泉がありますから。

日頃の疲労を抜くためにも、たまには行きたいものですね♪

 

さて、今回は、札幌から近い温泉についてです。

北海道に住んでいる人でも、出張で北海道に来ている人でも、車を持っていない人でも、車を運転できない人でも、気軽に、お手頃に、お安く行ける方法も含めて、紹介します。

 

定山渓温泉

定山渓温泉

定山渓に行ったら、先ずは温泉に入ることだと思いますが、

散策することも楽しみの一つですよね。

 

そこで、温泉といえば。

そうです、温泉饅頭♪

やはり、定山渓にもありました。

月見橋の近くにある「大黒屋」さんで、温泉饅頭を食べました。

やわらかく美味しかったですよ。お勧めです。

 

その後は、温泉街をぶらぶらと歩いてみました。

観光客は中国人が多かった気がします。

途中で英語で話しかけられて、「赤い橋はどうやって行くの?」って。

私、、、初めて来たのでわかりません。。。とは言えず、

iphone片手に、地図を見て「なんとか説明」しましたよ。そりゃー。

その後、無事に行けたかはわかりませんけどね。

遠くからみた赤い橋(二見吊橋)と紅葉です。

写真ではわかりにくいですが、赤い橋と黄色い葉のコントラストはとても綺麗でした。

 

そして、どうやら定山渓には「かっぱ」がたくさんいるようです。

こんなカワイイかっぱさん。

こっちにも。

 

そして、定山渓二見公園にも行ってみましょう。

なんと、そこには、、、、

じゃじゃーん。かっぱの王様がいます。

 

かっぱの世界にも王様がいたのですね。知りませんでした。

温泉だけ入っていただけでは、美味しい饅頭も食べられなかったし、中国の方との会話もなかったし、かっぱさんにも会えなかったし、きれいな景色も見られなかったと思います。

 

やはり行動することで、知らなかった世界を知ることができるし、新たな出会いもあるし。

楽しい人生を過ごすことができますね。

豊平峡温泉

豊平峡温泉

札幌市には豊平(とよひら)区がありますね。

ということで、北海道民ではない私は、はじめ豊平峡温泉のよみかたも、「とよひらきょうおんせん」だと思っていました。。。

どうやら、違うらしいです。

「ほうへいきょうおんせん」と読むらしいのです!

 

豊平峡温泉は、定山渓温泉から約2kmと近い場所にあります。

 

私は、定山渓温泉に先ず行き、温泉に入り観光をした後に、豊平峡温泉に歩いて行きました。

 

豊平峡温泉への道は緩い上り坂もありますが、ほぼ平坦ですので、景色を眺めながら徒歩で行っても全然苦になりませんでした。

紅葉シーズンでしたので、キレイな景色を眺めながら、のんびりと♪

 

では、さっそく、景色をみながら歩いてみましょう。

しばらく歩くと、分岐になりますので、左の道を進んでいきます。

とことことこ。

自然がいっぱいで空気がおいしいです。

しばらく歩くと、次はこんな看板が見えてきました。

もうすぐ着くかなぁ~。

 

左側にそれらしき建屋が見えてきましたよ。

豊平峡温泉の入り口の看板です。

着きました~♪楽しみ楽しみ♪

駐車場はけっこう広いですね。

かなりの台数が駐車できますので、車で行く方も安心だと思います。

 

さぁ、お目当ての豊平峡温泉に到着です。

 

豊平峡温泉は、
源泉100%かけ流しの日帰り温泉で、露天風呂は一挙に200名入ることができる日本最大級の広さ!

さらに自然に囲まれているので、紅葉を見ながら、ゆっくりとした時の流れを感じることができ、癒されること間違いなしです!

 

そんな癒しの空間に、気付けば1時間以上も時が経過していました。

 

露天風呂には浅くなっている部分もあり、横になることができます。良い場所、見〜つけたと思い横になっていると、睡魔が一気に襲ってきちゃいました。

水の流れる音色、小鳥の囀り、青い空と、紅葉…。

 

最高に贅沢な時間を過ごせたと感じましたので、本当にお勧めですよ!

 

また、豊平峡温泉は、日帰り温泉なのですが、食事処(豊平峡温泉 Onsen食堂)も併設されています。

平日13:30にも関わらず、満席、順番待ちで人が沢山…。

温泉内にこんなに人はいなかったけど、どうなってるの?

豊平峡温泉の食事

どうやら、食事だけを食べに来ている人も沢山いる感じでした。
インドカレー&ナンがお目当てらく、人気があるらしいのです!

 

お得に行く方法

・バスで行く

車がない人は、札幌駅から直行バスも出ていますので、気軽に行けますね。

ただし、予約が必要なようですので、注意しましょう。

直行バス

 

・お得に行く方法①

バス往復料金に温泉入泉料がついたお得なパック
お得パック

 

・お得に行く方法②

定山渓温泉、豊平峡温泉には、季節、温泉施設にもよりますが、札幌市内から無料送迎バスを運行している場合があるので、調べてみると良いですね。

例えば、こちらがあります↓

湯の花

 

それでは、湯の花への無料バスの紹介をしますね。

どうやら始発地点は、地下鉄「白石駅」のようです。

地下鉄「真駒内駅」や、その他いろいろな場所から乗車することができそうですが、やはり乗るなら始発駅からでしょっ♪

ということで、白石駅からバスに乗車することにしました。

 

地下鉄「白石駅」を降りたのですが、、、

バス停は???

どこ???

どこにも「湯の花 行き」なんて書かれて停留所がありません。。。

始めてこの場所に来た私は、行ったり来たり、、、

 

「やばいっ!」せっかく、ここまで来たのに、バスに乗れなかったらどうしよう。。。

そんな不安を抱えながら、出発時間の少し前にバスを発見!

大きく「湯の花」と記載されたバスが来たので「一安心!」

っと、ここで重要なポイントです!

平日にもかかわらず、白石駅から乗車する人が思ったよりも多い!本当に驚きました。

 

そして、到着地点の湯の花に行くまでに、いろいろな停留所にも寄っていくのですが、

さらに人が乗ってきました。

 

あれよあれよと言ううちに、補助席も全て使用しての満席になりました。

この日は、最後の停留所でちょうど満席になったので、良かったですが、

もし、途中の停留所で満席になってしまっていたら、、、どうなったのでしょう?

 

いやいや、利用客が多く本当に驚きました。

行った時期が紅葉の時期でしたので、多かったかもしれないですけど。

 

確かに、無料で温泉施設まで連れていってもらえるので、人気があるのでしょうね。

 

到着場所は、湯の花の入り口の本当に目の前でした。

年配の方が多かったので、下車したらすぐに入口だと助かりますよね。

運転手の優しい配慮を感じました。

 

Follow me!

札幌から温泉へ!定山渓温泉・豊平峡温泉!しかも、お得に!” に対して1件のコメントがあります。

  1. シン太 より:

    コメントありがとうございました!
    アドセンス合格を祈ってます!

    1. 松千代 より:

      ご連絡どうもありがとうございます。
      コツコツと積み上げていきたいと思います。
      目標があると継続できますね。

  2. エリー より:

    定山渓ホテルは泊まったことはありますが、
    温泉や散策はしたことないです(≧∇≦)b
    いいですね札幌!また行きたくなりました♪

    1. 松千代 より:

      エリーさん
      コメントどうもありがとうございます。
      定山渓ホテルに宿泊された事があるのですね!
      美味しい食事、温泉はいかがでしたか。

      散策も良かったですよ
      綺麗な景色、温泉饅頭、河童さん。
      私もまた、行きたくなりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です